フリーターでも労働時間や賃金など一定の条件を満たせば社会保険に加入できます。

フリーターの社会保険

フリーターが社会保険に加入できる条件は以下の通りです。

 

・雇用保険の加入条件
週20時間以上の労働時間およびバイト先からみて1年以上の雇用の見込みがある

 

・健康保険
1週間の労働時間と1ヶ月の労働時間が、それぞれ正社員の4分の3以上

 

・厚生年金
1か月間の所定の労働日数が、同じ期間の一般社員のおおむね4分の3以上である場合もしくは、1日又は1週の所定労働時間が一般社員のおおむね4分の3以上である場合

 

・労災保険
従業員がいる場合は加入必須

 

 

さらに、以下の条件を満たす場合は、企業がフリーターである従業員に対して健康保険、厚生年金、雇用保険の社会保険も強制加入になります。

 

1.週の所定労働時間が20時間以上
2.勤務期間1年以上またはその見込みがある
3.月額賃金が8.8万円以上
4.学生以外
5.従業員501人以上の企業に勤務している

 

1~4の条件はフルタイムのフリーターであれば条件を満たせます。
強制加入になるのは、勤務先の従業員が501人以上の規模が必須になります。

 

 

条件を満たして加入希望すれば強制

社会保険加入の条件

中小企業で勤務している場合でも、各種社会保険の加入基準を満たして従業員が加入を希望すれば会社側に拒否する権利はありません。
社会保険の未加入の状態を続けるのは違法になり、労働監督署から催告通知が届き、最終的には法律で罰せられて2年に遡って加入しないといけない決まりになっています。
しかし、社会保険の加入をめぐるトラブル事例は少なく、フリーターは収入が低いので年金を払いたくないなどの理由で加入したくない意見もあります。
また、ブラック体質の中小企業は、社会保険に加入すると時給を減らされたり、正社員のようにシフトを強制されるなどの、意図的にデメリットを与えているケースがあります。
給料を下げても最低貸金を確保していれば違法性はなく会社側は逃げ道があります。

 

 

 

住宅ローンは年金の支払い状況を重視するように変わった

 

年金の支払い状況が審査基準に

一昔前は年収、雇用形態、勤続年数のみが審査対象になり、フリーターで年金を払っていなかったり健康保険(国保)を滞納していても、収入がしっかりしていれば大きな問題はありませんでした。
最近のローン審査はフリーターなどの非正規労働者や自営業者に対して、年金の支払い状況をチェックされるように変化しています。
理想的なのは、会社側が半分負担をして将来もらえる金額の多い厚生年金に加入していることです。
会社が社会保険に加入していなくても、国民年金をしっかり払っていれば大きな問題はありません。
フリーターで年金および健康保険を払っていない場合は住宅ローン審査に通すのが難しくなります。

 

~住宅ローンに通りやすい条件~
・1つの勤務先でフルタイムで働いていて年収200万円あり、厚生年金に加入している
・2つのバイトを掛け持ちして年収300万円あり、国民年金を払っている

 

 

~住宅ローンに通る可能性がある条件~
・1つの勤務先でフルタイムで働いていて年収250万円あり、国民年金を払っている

 

~住宅ローンに通りにくい~
・社会保険未加入で国民年金も払っていない
・健康保険や住民税(税金)などを滞納している
・社会保険に加入しているけど収入が極端に少ない

 

住宅ローン審査は主に源泉徴収票や給与明細を提出する必要があります。
社会保険未加入(給与天引きされていない)だと、金融機関によっては直近2年分の確定申告書の提出を求められることがあります。
マイホーム購入を目指すなら、最低でも直近2年は年金や健康保険をしっかり払うようにしておきましょう。
数か月滞納しても、最終的に支払をしていれば住宅ローン審査に影響はありません。